{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

※終了しました【事前予約チケット@盛岡】特別トークセッション「異界と場所」森田真生 × 富川岳@盛岡4/1

4,000円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

独自の感性によって数学や生命の根源を解き明かそうとする独立研究者・森田真生と、“異界”遠野を拠点に作家・プロデューサーとして様々な創作活動を行う富川岳が岩手で始める新企画「異界と場所」。毎回ゲストを交えて3時間の思考の旅、トークセッションを開催予定。記念すべき初回は、二人の対話をメインとしながらBOOKNERD店主の早坂大輔氏を迎え、遠野、岩手が持つ土地の力や、身体をとりまく「場所」そのものの可能性を探究していく。 日時:2024年4月1日(月)18:00〜21:00 場所:岩手県公会堂21号室 https://maps.app.goo.gl/x1foeeTTh1QBxoWU7 参加費:4,000円 定員:50名 登壇者: ・森田真生/独立研究者 ・早坂大輔/BOOKNERD 店主 ・富川岳/作家・プロデューサー <プログラム> 1.対話 森田真生×富川岳  2.トークセッション 森田真生×富川岳×早坂大輔 3.質疑応答・サイン会 <プロフィール> 共同企画/登壇 ・森田真生 独立研究者。京都東山の麓にある研究室を拠点に、研究・教育・執筆のかたわら、国内外で「数学の演奏会」や「数学ブックトーク」など、ライブ活動を行っている。デビュー作『数学する身体』(新潮社)で第15回小林秀雄賞を受賞。 ・富川岳 1987年、新潟県生まれ。2016年に遠野に移住。民俗学をベースとした様々なプロデュースや創作活動を行うほか、しし踊りの舞手としても活動中。平地人と山人の両面を持ちながら文化振興に励む日々をおくる。2023年『本当にはじめての遠野物語』を自費出版。 ゲスト ・早坂大輔 1975年生まれ。サラリーマンを経て、2017年に新刊・古書店「BOOKNERD」を開業。書店経営の傍ら、出版も手がける。主な出版物に、くどうれいん著『わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版』。自身の著書に『ぼくにはこれしかなかった。』がある。

セール中のアイテム